センター概要

センター概要

センター長 佐伯 順子

センター長 佐伯 順子

センターからのメッセージ

 同志社大学京都と茶文化研究センターは2014年6月1日、京都における日本茶をめぐる歴史と文化の研究拠点として、発足いたしました。日本における茶栽培の故郷であり、茶の湯の歴史を育んだ京都という地で、産学官の共同による、茶文化の国際的発信をめざしております。
 男性の社交の場であった茶の湯の世界を、明治期、女性に開いたのが、同志社大学創立者の妻・新島八重であり、裏千家と同志社大学にも深いご縁がございます。世界の観光都市として注目を集め、文字通りの国際的おもてなし空間であるこの京都で、日本茶文化の発展に微力ながら寄与できればと存じております。
 今後ともご指導、ご支援のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

同志社大学京都と茶文化研究センター

センター誕生の経緯については、 同志社の人と研究 に掲載されておりますので、あわせてご覧いただけますと幸いです。